今月は、個人の方が立て続けに発明のご相談にお見えになりました。

日々の生活の中で感じていた不便さを、何とか解決できないか、と試行錯誤をかさね、ようやく発明を完成させた方、
長年発明で生計を立てていらっしゃる方、
いろいろな背景を持つ方々から、(おそらく何度も失敗して獲得したのであろう)試作品を拝見させていただくと、特許的にとても優れた製品もあります。
ある休日テレビを見ていると、以前ご相談に来られた方が、発明家と紹介されていました。
テレビで紹介されるほどのこの方は特例かもしれませんが、あのときの、あの発明が、あのとき語られたとおりに—或いはさらに改良されて—、販売されていると、とてもうれしく思います。

一方で、ご相談者のためを思い、時に厳しい話を申し上げることもありますので、
驚き、落胆されるケースもあります。
中には、費用を持参され、即時出願を希望される方もいらっしゃいますが、
発明完成に喜び興奮するあまりに、特許要件検討を十分にすることができずに、
混乱していることもあります。
発明内容を整理してご説明し、結果として受任しないこともあります。

どちらのケースも、皆さん大抵仰るのは、「もっとはやく相談に来ればよかった。」ということです。
ずっと考えていたけれども、相談してみたら実は大した問題では無いこともあります。

発明を創作することはとても大変です。しかし、発明を模倣することはとても簡単です。

ご相談者の発明内容を漏れなく隅々までお聞きし、より有益な権利となるようお手伝いするために、ご相談者との意見の交換は、最も大切なことだと考えております。

高円寺特許事務所
弁理士 岡沢理華

 

 

先月末から暑い日が続きますね。いかがお過ごしでしょうか。
今日は涼しい風が吹き、比較的過ごしやすい一日でした。

ところで、今日は七夕ですね。
七夕といえば、その依代(よりしろ)は笹が有名ですが、諏訪の梶で有名な「梶の葉」も重要な植物だそうです。そして、掌の形をした梶の葉に歌を書く風習があるそうです。

涼しい七夕にぴったりの歌がありました。秋風というには尚早でしょうか・・・?

天の川 水陰草の秋風に なびかふ見れば時は来にけり/柿本人麻呂

高円寺特許事務所 岡沢理華

暖かい毎日がつづきますね。
杉並の住宅地を歩いていると、黄色いバラをたくさん咲かせた庭、赤いつるバラと白いつるバラとを美しく仕立てたフェンスなど、たくさんのバラを楽しめる季節になりました。
花は本当にきれいですね。
私もゴールデンウィーク中にホームセンターをはしごして花の種を買い求めました。旬の時期ですのでたくさんあって迷いましたが、
・テーブルヒマワリ  ・千日紅(ストロベリーフィールズ)  ・百日草  ・ベニバナ
の種を買いました。

長野の実家の庭に植えてきましたが、次々と発芽しているそうです。

黄色の花のイラスト

私の園芸は・・というと、先の週末に時間が取れなかったので今週末種まきをする予定です。
ひんやりとした土の感触が今からとても楽しみです。

高円寺特許事務所 弁理士 岡沢理華

皆様、新年あけましておめでとうございます。
年明け早々の連休でしたね。東京は風がとても強く、どこに行ってもすぐに屋内に逃げこんでばかりでした。
年末年始の休みは長野に帰省していました。毎年のことですが今年はとても長く感じました。それだけゆっくりできたということでしょう。
今年は飛躍のうさぎ年。お休みを頂いたところで気持ちも新たに仕事に励みたいと思います。

本年も高円寺特許事務所をよろしくお願い申し上げます。

弁理士 岡沢理華(高円寺特許事務所

先日、11月27日、28日(土、日)に三軒茶屋キャロットタワーで行われた世田谷わくわくワークフェスタに参加させていただきました

事前予約の方に加えて、当日飛び込みでご来場されたお客様もご相談に立ち寄られ、少しでも皆様のお役に立てたのではないかと感じております。

起業ミニメッセには、たくさんの方が出展されていましたが、その中には、洋服の製法に関する特許を取得し、製品市場を独占している企業の方もいらっしゃいました。通常、特許はそんなに簡単に取れるものではないのですが、その技術は大変すばらしく、一度も拒絶されずに特許を取得していました。審査官からも素晴らしいと言われたそうです。

素晴らしい技術に触れると、本当にわくわくしますね。
お手本のような特許活用事例を見せていただき、勉強させていただきました。

弁理士 岡沢理華

ようやく秋めいてきましたね。特に夜は涼しく過ごしやすくなりました。

明日9月22日(水)は十五夜です。
「十五夜」についてちょっと調べました。「中秋の名月」ともいわれるように、
旧暦7月8月9月のちょうど真ん中(8月15日)にでる満月の日
を指すそうです。
欠けのない満月に豊作をお祈りして、お供えをします。

そして、朝焼けや夕焼けが赤いように、月も地平線に近い低空にいるときは赤みを帯びています。月の光が大気中を通ってくるときに短い波長(青)の光が大気中の気体粒子で散乱されてしまうためです。月が真上にくると黄色っぽくなり、また青白くもなります。

満月

ところで、「十五夜」とは素敵な名だと思い、商標検索してみました。
株式会社丸山園がお茶や清涼飲料水等で、伊東水産食品株式会社が惣菜やお弁当等で、それぞれ「十五夜」を商標登録していました。意外にも少なかったです。

今週は飛び石連休ですね。ちょっと足を延ばして澄んだ夜空の満月を見たくなりました。

弁理士 岡沢理華(高円寺特許事務所

今朝外に出ると、秋の空気に変わったなあ、と思いました。まだまだ気温は高いのでご健康にはお気を付けください。

先日、中国から中国商標登録証が送付されました。
出願から2年と1か月。
出願前に調査をしているので、登録可能性が高いことはわかっていますが、やっぱり、審査終了の連絡と、異議申し立て期間を無事終えて登録証が送られてくるときは、感慨無量です。
特に中国は出願から非常に時間がかかるので尚更です。

弁理士 岡沢理華(高円寺特許事務所